プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山

其疾如風 其徐如林 侵掠如火 不動如山・・・(その疾きこと風の如く、その徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し・・・)

今年の大河ドラマですね。



昨年と同様に所感を述べます。
井上靖原作であり、主人公が山本勘助(晴幸?)


以前はこの山本勘助は架空の人物という話があり、歴史学会でも物議をかもしたそうだが、戦後になって資料が発見されて実在したことが判明した鳴り物入りの人物であります。
とは言え、いまだ出生など不明な点が多いわけですが・・・・


もともとは江戸時代前期の「甲陽軍鑑」(小幡景憲著)には武田二十四将の一人として列挙されている人でした。

ドラマなどでは
「軍師」(作戦や戦術を考える人)とされていますが・・・


そのような記載は資料にはなく、実際は武田信玄の書状を届けたりする伝令(使節)のような役割をしていたようですね。


とにかく
「~らしい」が付きまとう人なんですね。


想像上の事が多いのでドラマや小説だとかっこよく書かれています。また歴史ゲームでも優秀な人物ですね。



まぁ
こういった史実を知って大河ドラマを見るのも一興かと思います。



よく、あてずっぽの意味で「ヤマカン」と言いますが、その語源がヤマ本カン助と言う噂もあります。








スポンサーサイト

<< 三国志online | ホーム | 口内炎と私 >>


コメント

風林火山、今のところすべて見ています。
なんというか、山本勘助が美男子すぎる・・・
謎が多いから捏造し放題ですもんね。
原作とのあまりの違いにただただ驚きながら見ております・・・

>近江守殿

私も見ています。勘助かっこよいねぇ。
謎だらけだから脚本家も苦労するだろうね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。