プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日

小泉首相が靖国神社に参拝しましたね。



今日は長くなります・・・
8月15日 終戦記念日なんですが、記念日よりも靖国への首相の参拝問題が大きく世間を揺るがしていますが…


さて、以下に書くことは、私の個人的な意見と言うことは明記しておきます。



靖国問題とか、騒いでますが正直、騒ぐ意味がわからないです。


戦争で犠牲になった人を弔い、参拝することは日本の首相として当たり前です。


メディアを含めて、大切なことを忘れている。


誰の犠牲があって、戦争もない、食べ物もある、教育を受けられる国ができたのでしょうか?


300万人を越える、大東亜戦争の犠牲者がいるからこそではないでしょうか?戦争でたくさんのものが失われた結果、大事なことを学んだはずです。


そもそも中国・韓国への配慮などする必要などないです。靖国うんぬんの話は日本国内の話であるはずなのになぜ、外国が口を出してくるのかが理解できない。また、その威圧に屈している日本政府にも呆れます。


我々は、何人ですか?

今、住んでいる国はどこですか?

自分の母国を好きだと思うことはおかしなことですか?



「愛国」とか言うとすぐ過激な好戦家みたいに叩かれますが、日本生まれの日本育ちの私は、自分の国が好きです。


それだけです。


どうして、その気持ちを歪めてまでも、他国に遠慮しなくてはいけないのでしょうか?


多くの人は、戦前、戦中で日本は中国、韓国をはじめ東南アジア諸国の人々に対して大きな過ちを犯してしまったという点で自責の念があるとおもいます。それはとても大事なことです。

ゆえに、認めるべき点は認めて、お互いに歴史を見つめ直すことは大事ですが、しかしながらこれは靖国問題とは話が大きく乖離しているし、多方面の話題(特にアジア外交)ですら靖国問題を前面に押し立てて話をすることの方が危険です。

事実、中国の首脳は靖国問題を外交の切り札にして、そのような発言もしており、ゆがんだ歴史教育を未だに国民に対して平然と行っている。
加えて、政治的に利用されていることを忘れてはいけません。


そのような他国の動向で、政府を含め日本全体が動揺している事実の方が靖国問題よりはるかに問題です。


ただでさえ、尖閣諸島、竹島問題で「外交」のあり方が問われている時期ですが、だからこそ靖国問題で卑屈になるのではなく、主張するべき点は主張して幼稚なやりとりはいい加減やめてほしい。国の根底がないがしろにされます。



同時に「戦犯」の合祀についても騒がれてますが、そもそも「戦犯」自体定義があいまいなもので、不当な極東国際軍事裁判の賜物です。

戦勝国の下で行われた裁判などは、はじめから敗戦国日本にとって不平等であり、正当な判決が行われていたとは到底考えることができない。
(アジア人であるインドのパール判事のみが客観的な判決を下したことは有名です)



例えば、戦争回避に努めた人間が有罪にされて、無謀な作戦を立て多くの将兵を犠牲した高級将官が無罪になっていたり、人体実験をした人間が、そのデータと取引して無罪であったりなど、戦後数々の証言や資料も明らかになってます。



対して

無差別に、軍事拠点もない都市を徹底的に爆撃したアメリカはどうなるのでしょうか?
原爆をおとし、今だ後遺症が残っている事実はどうなるのでしょうか?
条約破棄して突然侵攻し、北方四島を返還しないソ連(ロシア)はどうなるのでしょうか?
日本軍との戦闘のどさくさに紛れて掠奪行為をした匪賊(中国人ゲリラ)はどうなるのでしょうか?


どう考えても、納得がいきませんよね?
「勝てば官軍」ということです。

そして
戦争に勝った国が歴史をつくるって事がわかります。


また、このようにお互いに「やった」「やられた」という応酬になります。


これでは、話が進まない上に、恨み合いが未来永劫続くことになります。この状況を好む人はいないと思います。だからこそ、国のイデオロギーや利害を持ち込まないで、互いに歴史事実のみを包み隠さず検証することが大事なのです。



…が、その第一歩すら政府レベルで交渉できてないことが現在の状況。


「じゃ靖国参拝やめればいいじゃないか!」

といわれそうですが…


おそらく
参拝やめても、相手はまた違う問題(戦後補償など)を出してくると思います。

相手は既述したように「大東亜戦争」を外交手段にしています。
同じことを繰り返し、「やった」「やられた」無限ループです・・・



だからこそ、双方の歴史認識の違いをなくす努力が大事になるわけです。



ゆえに、靖国問題で大騒ぎしている場合ではないのです。
戦争犠牲者を弔うことが悪いことなのでしょうか?むしろ、過去の教訓を忘れることの方が問題だと私は思います。




以前にも書きましたが、日本人はまともな近代歴史教育を受けてないです。それは文科省と学校教育が悪く、受験重視の授業の弊害がこのようなところにも出てきてます。


中国、韓国などの一方的な発言に対する反駁も国民単位でできないと、ますます状況は悪化しそうですね。


①なぜ、戦争が起きたのか?
②どのような経緯をたどったのか?
③結果どうなったのか?


この3つの背景を知るだけでも、色々なことが見えてくると思います。



戦争世代の祖父母たちが生きて、(両)親がいるからこそ、今現在自分がいることも自覚しないといけないのではないでしょうか?



決して「重い話」で済まされる話題ではないです。
スポンサーサイト

<< 勝負ごと | ホーム | あられ煎餅 >>


コメント

同意見です!

ニュースでの街頭インタビューで、日本人の男性が「アジア諸国との関係に波風を立てるのはよくないと思うので、靖国参拝はちょっと・・・」と答えているのにがっかりしてしまいました。
興味もなければ日本人としてのプライドもないのかな、と思ってしまいます。
日本人が正しい歴史認識と、これだけはゆずれない!っていう柱の部分(プライドとか愛国心?)をもってないと結局どういう態度をとっても状況は悪化するんじゃないかと思うんですが・・・

>近江守殿

プライドは大事ですよね、あまりにも無関心の人が多すぎますね。極端に言えば、自分の庭先にミサイルが落ちてきても、無関心を貫くのでしょうか?

にわか平和主義は何も生みませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。