プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓事情

最近、アホなことばかり書いてましたので、社会派?wのイーハンとしては忌々しき事態なので、たまには真面目(に考えてること)な事を・・・




多少、長くなります・・・
ここ数日、日本外交の懸念事項であった韓国といわゆる「竹島問題」で日本の対韓外交が再び暗礁に乗り上げている。殊に今はその中の「海洋調査問題」である。


今までの経緯を鑑みるに客観的に判断すると、日本はだらしがない。また韓国も大人気ないと思える。つまり両国互いに、毎度同じような事を繰り返して根本的な解決に、進展していないようにもとれる。


地理的に素人が見ても、両国の領海ではないかとも疑う微妙な海域なので200海里問題や、漁業権所有の観点からしても、両国が頑なに小さな島を巡り争うのは理解できる。しかしながら、その争点の行き着くところが毎度毎度、同じであると言うことが正直うんざりしてくる。



韓国はすでに、武装した警備隊を派遣して領有化を宣言しているようなものであるし、加えて最近では多くの警備艇を配置して、日本の海洋調査の測量船を暗に威嚇しているようなものである。
正直、このやり方はおきた国は違うとしても、韓国が忌み嫌う「大日本帝國」がおこした盧溝橋事件と同じように私個人としては思えてならない。(盧溝橋事件については諸説があって、研究者が百家争鳴であり、十分な研究の余地があるが、今までの見解だと、帝國陸軍の自作自演説が強い。)

最近の韓国の動向は、結局相手を威嚇して(挑発して)実力(武力)行使に出るのと何が違うのであろうか?もし、この状況に日本が対応して、竹島沖へ海自や海保の艦艇を派遣したらまさに、軍事的に一触即発になるのは、自明なことである。

しまいには、互いに「自国の防衛」と大義名分を作るに違いない。
これも、かつての「五族協和」・「大東亜共栄圏」と銘打って、中国大陸・東南アジアに進出した「大日本帝國」と状況は異なる部分はあれども、根本的には同じではないだろうか。

再び、そのような経過を辿るような行為になるという事を日韓政府、日韓国民はどのように感じてるのだろうか?


一方、日本側も問題の主眼をどこの焦点に合わせているのかが、はっきりしていない。国際法を持ち出し、冷静さを装うのも外交戦略なのであろうが、いろいろな譲歩案を濫発させて、かえって韓国政府の対応を困難にさせている面も見受けられる。



国民意識を比較しても、あまりにも感情的に保守化した韓国の一部の国民、なにも知らない、また興味のない日本の国民・・・両国はあまりにも対照的である。


しかしながら、文化面で日本では「韓流」がもてはやされ、一方韓国では日本のアニメや歌手がもてはやされてる現実の矛盾はあまりにも異常であると思う。もちろん、ここで排他的なナショナリズムを訴えるつもりはないが、この矛盾は現代を象徴しているのであろうか?

日々、ニュースを見ていると疑問に感じてしまう。なぜ、国家単位になると互いに、確執が生じるのであろうか。





その一つの原因、私は歴史を学ぶ者として思うことは、両国の「近代歴史教育」ではなかろうか。

簡素に書けば

日本は
日本の国益として韓国を併合→植民地化→敗戦(→朝鮮特需→高度経済成長)

韓国は
強制的な日本への併合→日本圧政下→終戦→朝鮮戦争→独立

といった流れがある。


日本は朝鮮半島を植民地化した事実によって負い目を感じ、韓国は日本の侵略によって国が占領された民族として許せない事実がある。
この点が根本的に、両国が相通じない理由の一つだと考えられる。


この近代(史)に対する両国の扱いが、大きく違うことが今日では重要な問題になっており、これが「歴史教科書問題」である。

この分野を、日本では通史の中の出来事、近代の一時代として淡々と書いてあるのに対し、韓国では大きくかつ詳細に近現代史を、教科書の中で扱っている。(中国はさらにその色合いは濃い。)


この近代史教育により戦後60年間を経て、上に述べたような両国の国民意識に差が出るのは当然である。


日本は加害者意識として、事実を隠蔽する動きもある。一方韓国は被害者意識として、根拠があいまいな、不明瞭な被害も含め訴えてる面も否めない。


そこで、歴史的見解の不統合に対する一つの解決策として

上記したように文化面で、ようやく日韓交流が進みつつあるので、学術面、特に両国双方の歴史専門の研究者が、互いの感情的な側面を押し留めて、冷静におきてしまった事実を照らし合わせる事が肝要かと思う。

これは、戦争体験者の高齢化が著しい今日に至っては、早急に対処するべき事であろう。


お互いに、腹の見えない外交交渉を延々と続けるよりは、上記した一つの解決策は、確実にかくして起きた事実を明らかにし、必ずや今日の日韓における外交問題の融和にも貢献するものである。


隣国同士、平和な関係でありたいと思うのは共通なのではなかろうか。




注)上の文はいかなる国家を蔑視したり差別したものではありません。
スポンサーサイト

<< 圧政会新聞 号外 | ホーム | パイレーツ >>


コメント

うむ

韓国の挑発的な態度もちょっと間違えば戦争に発展しかねない(特に先日の某首脳の発言とか)のでどうかと思うが、それに対する日本の的外れな対応も見ててうんざりですな。

外交問題に限らず、表面上を撫でるだけで根本的な解決を試みないのは日本政府の悪い体質。
ま、日本的事勿れ主義の現われかもしれんね。。

少なくとも自分の日常では事勿れ主義に支配されることのないように心がけていきたいものです。

>るぅ氏
どうして、こうも日本の対アジア外交の問題は先の戦争に帰結するんでしょうね・・・

貿易摩擦やら、経済面でも、もっといろいろ問題が山積みなんですよね・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。