プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢

大河ドラマ
『天地人』始まりました
毎年、大河ドラマは第一回は見て、継続して視聴するか判断します。

昨年の『篤姫』は結局スルーしました。
と言うのは歴史好きの私にはこだわりもあり、幕末に手を染めるのは時期尚早。
幕末は魅力的だが、理解する上での予備知識が足りない。
史実を理解した上、人物相関もある程度、理解していないと納得できないわけで。
単なる個人的な趣向ですけど…

その点、今年は戦国末期が中心な話題。幼稚園の頃から戦国時代には興味があり、おおよその概説は理解できるので、視聴します。

一般的には知名度は低かった直江兼続。上杉景勝の参謀。妻夫木聡がどう演じるのか…期待する。

ただ石田三成…インテリ前面に出し過ぎだが。いいのか。

しかし大名が主人公の大河ドラマは終わり…参謀が主人公になるのだろうか…

エピソードは参謀の方が主君の大名と絡めてドラマでは扱いやすいのかも。
黒田官兵衛やら竹中半兵衛…ネタになる人物はいっぱいいます。

また、別観点では昼ドラのドロドロはむしろ戦国時代に当てはまるかも(笑)
親兄弟が敵で実際、生きるか死ぬか…事実の部分もあるからリアリティは高い。
乱世とはよく言ったものであり、宇喜多直家、松永久秀、最上義光などドラマで扱ったら血みどろなストーリーが展開され、現代に生きる視聴者からは抗議だらけでしょうね。
価値観や倫理観が全く異なるに時代で、女性は耐え忍ぶしかなかったでしょうし。

男女間の好き嫌い、結婚離婚、不倫やら…ぬるい色恋話レベルとは比較しようもなく、死か生きるか、殺すか殺されるか…極端だがそんな選択肢が身近にあったのでしょうね。

常に緊迫感があり、それが日常だった時代だからこそ、有名な人物たちの生き様は、平穏に暮らす現代からの視点で、後世にてドラマになるのでしょうね。

時代モノの映画やドラマを見ると毎度、考えさせられる。

歪んだ見方と批判されそうだが…

因みに来年の大河はまた幕末の坂本龍馬なんだよな……

やはり平和な時代はドラマにならんな(笑)

一提案
江戸中期の大御所時代…
題して『好きモノ上様~子作り列伝~夜の暴れん坊将軍』

こりゃ大河より、民放の深夜枠だな…視聴率高そう(笑)

…以上
スポンサーサイト

<< 鳥の人 | ホーム | 晦日 >>


コメント

歴史的に不明な点が多い人物が主人公にあげられることが多いのは、やはり、その部分を憶測で描き、よりエンターテイメント性を出せる、ある意味変な「開きなおり」があるからでしょうか?

直江などは、その最たるものではなかろうか。

戦国、幕末などはそこまで詳しくないのだが、直江ぐらいは知っているが、それも脚色強い物語で知った程度。

ただ、音楽がとても良い気がする。高視聴率が取れそうな感じ。『秀吉』のような期待感があります。

〉肉太郎氏
出自がはっきりしない人物は脚色しやすいだろうね。

兼続は伊達からすると敵なんだな…
奥州版関ヶ原が見ものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。