プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティキュレーション

アーティキュレーションとは…
楽器を触ったことある人はピンとくる単語かもしれない。

簡単に説明すると要は、音楽の楽典で言うスタッカートとかレガート、アクセントなどを…総じて言う単語かな

このアーティキュレーションがないと音楽は何でも面白みに欠け、表現が無くなるわけですね。
昔の機械音みたいな単一な感じになる。

ふと最近、業務中に感じる。人と人の会話はこのアーティキュレーションが非常に大事。
ダイナミックス(音量のバランス)も重要だがこのアーティキュレーションも必要だ。
音量は人間の声でも自由自在に調整できるから、容易であるがアーティキュレーションは結構難しい。
私の中ではあえて、『抑揚』ではなく『アーティキュレーション』と言いたい。

吹奏楽やっていた頃は譜面を読み、指が回るようになってからのぶち当たる壁がこのアーティキュレーション。

俳優とかも同じかな…セリフは覚えたけど、どう表現するのか?

結局は『表現方法』とも換言できる。

楽しい話を暗く話す人はいないし、悲しい話を明るく話す人はいない。常識的に考えて。

周囲で話が面白い人とはやはり、このアーティキュレーションの応用が出来ている人。
教師などたくさん人前で物事を説明する人はわかりやすい。
同じ話を聞いても表現の違いと言うことは大きいですね。

つまらない話は、やはり聞き手を飽きさせていることが多いですよね。
そこで視覚的に表現ができない場合は、聴覚的にアプローチする必要が出てくる。
特に電話対応は相手が見えない部分でお互いに聴覚が敏感になる。
言葉の遣い方、語彙、表現方法…は否応なく耳に入る。

おしゃべりレベルなら大して気を遣う必要ないが説明した上で納得させる以上、非常に重要な要素を含む。
皆さんも自分の会話を録音して聴き直すとおそらく、へこむであろう。
それぐらい会話は実は難しい。

人と人のコミュニケーションですから使い方を間違えると痛い目にも遭う。

NHKのアナウンサーは言葉の遣い方非常に厳しいらしい。
日本語は曖昧模糊な表現が多いけど、微妙なニュアンスの違いがあるから面白いですよね。
日本語が流暢な外国人はすごいと思う。

正しい日本語を使いこなしたいものです。
スポンサーサイト

<< ご当地キャラ | ホーム | 組閣 >>


コメント

私は、職業病で、ただ声がでかくなってしまいましたよ。

>肉太郎氏
元来、貴殿は声がmf(メゾフォルテ)でしょうに(笑)

確かに
声うるせー先生いたよな・・・
「聞こえてるよ」って突っ込みいれたい

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。