プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊

このブログは完全に月刊になっているな…
『みている人もいないべ』

…と言う思惑もあり更新が滞っているのが実状。

ネタがあると言えばばあるのだが…

PS3を買ったことをまだ記載してなかったかな。

と言っても持ってるソフトは歴史ゲームのみ。

相変わらずです。
『BLADE STORM百年戦争』
『Call of Duty3』
『決戦』(古っ)

まぁ、アクション系に手を出したのが成長したところ(笑)
いずれも撃ち殺す、人を斬りまくる極悪非道なゲームで教育上良くないです。

『決戦』は300円で叩き売りされていたので買ったのですが…
まぁ、武将の甲冑描写がむちゃくちゃで戦隊モノのヒーローです(笑)
ゲンナリ。
もう少し史実に忠実だとゲーム内容的にはまずまず。

『Call of Duty3』はノルマンディー上陸後の西部戦線を連合軍側で戦うゲーム。
狙撃するは手榴弾投げるは機関銃乱射するは…とにかくやりたい放題。
人命尊重の欠片もなし。
ただ…実際の戦争に近い感覚のため、同時に現実の戦闘の恐ろしさを感じる…
ゲームだから許される。

そして今日。秋葉原で無差別殺戮。

繰り返す…『ゲームだから許される』
現実に人を刺すと言うことに何も抵抗がないのか…『誰でもいい』
その麻痺した意識が怖い。

世の中
本当におかしいよな…
ここ10年、動機がメチャクチャな犯罪が多すぎだ…

モノは豊かだが人間の大きさは小さくなる一方だな。残念ながら。
自己中心的な人間が増えている。

こんな閉塞した時代いつどこで誰に殺されるかわからんな…
ドラマや映画ではなく現実だからな…
全く信じられん。
気をつけて、何とかなるようなものでもない。緊張感を常に持っていろと言うことか。

本当に酷い話だ。
亡くなった人は何も悪くないのに。

上記したゲームもそんな世の中の風潮を助長している一因かもしれない。
ただゲームをするのも人間だ。その人間がどう感じるかが最終的な判断だ。

あまり幼い頃からこんなゲームばかりしていると感覚や考え方が歪んで育ち、最悪な事態に陥る危険性は考えられる。

倫理観と言うのは時代時代で変わることは歴史も体現しているが、近代社会において、語弊もあるが世界有数の先進国の日本がこんな有り様ではこの先の不安は拭えない。

一個人の頑張りで何とかなるものでもなく、私も含め結局は社会全体の問題だ。
殊に、教育とマスコミに関わる人間の責任は大きくなる。
国家レベルで対処すべき問題。

高度経済成長期から何となくやっていた政治のツケが多方面で表面化している。
国家が腐ると次に来るのが破壊か変革。要は戦争か革命。現代はプラス地球規模の環境崩壊もある。
血を流すことになる。織田信長が既成概念を破壊したように、貴族中心の社会をフランス革命が変えたように…。

また繰り返すか。
我々が存命中にあるかないか。
誰にもわからない。
ただ、起こり得る方向へ、ベクトルは向いている気がしてならない。
スポンサーサイト

<< S波 | ホーム | ねずみ考 >>


コメント

見てますよ

貴方が更新しないだけで、毎日確認しているともさ。

でも毎日見ても「ねずみ考」なんて書いてるから、早く更新しろ!!と思っている今日この頃です。

さて、無差別殺人の話ですが。

何故、あの方々が亡くなったのかを考えてしまいますね。あの時にあの場所にいなかったら死んでいなかっただろうに。

確率論ですか。

就職内定の子。可哀想です。自分に置き換えると、やりきれない思いになります。

パソ買いにきただけの親子。秋葉原に行く前日、「明日パソコン買いに行くよ」という会話もあったことでしょう。殺されるとは知らずに。

何故人を殺してはならないのかを誰もしらないから、殺人は止まりません。

世の中で起きているほとんどの犯罪抑止が不可能なのは、誰もそれがいけないことだと論理的に説明できないから。

人間の感情として、人を殺してはいけないという感情が備わっていなければならないかもしれないけれど、感情を育てるのは教育・環境。その教育が間違っている。親も、地域も、学校も。

劣っている人間は、力を示したがる。

誰だって、ナイフを持って人間に刺せば殺せる。
僕たちがそれを思いとどまれるのは、守りたい何かがあるからでしょう。思いとどまらない愚かな人間は、守るものがないか、守るものがあるのに気付いていないか、精神異常者か。

私が愛読している本の作家先生が言っていた。

今の時代、動機を追及すること自体が無駄。

その作家先生は、数百年後の未来について書いた別の著書でこう書いている。

「殺人?そんなことをしようと思うこと自体、幼稚な発想だし、人間の労力的に割りに合わない。第一、人間を殺して得られる感状は、決して人間として満足できるものではないということを学校で教わった」

かなり小さいうちからの、正確な教育が必要なのかもしれない。

〉肉太郎氏
理性を失った人間に動機を求めても意味がないか。

しかし、亡くなった方は本当に痛ましい。
同時にその惨状を携帯カメラで撮っていたバカ野郎どもに憤りを感じる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。