プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国史DAY

昨夜は、まさに戦国史祭りwでした。


大河ドラマ『功名が辻』
日曜洋画劇場『風林火山』


戦国史マニアとしては、気合を入れて見たのですが・・・
個人的な、見た所感は~


『功名が辻』
俳優の年齢設定にかなり苦しさを感じましたw
今後、末恐ろしい感じがします・・・
信長さま、声聞こえねw低すぎだろ。


ドラマの時代考証の先生が、日本一の戦国史マニアの教授なので
衣装、所作、道具類は細かい設定だと期待してます!


音楽もよかった!さすが10年前の大河『秀吉』と同じ小六禮次郎氏だ!



好きな時代&原作が司馬遼太郎なので、これからも見る予定。


『風林火山』
主人公が山本勘助(晴幸)だったのですが、
脚本が違うといろいろ雰囲気が異なる感じでした。


信玄役が松岡昌宏・・・川中島では若い感じが否めない・・・
武田信繁(信玄の弟)が頭悪そうな設定で個人的には許せないw
ラストシーンで信玄が一人で戦場うろついてるしww


とまぁ
突っ込みどころが満載でしたが、二時間半のドラマではいろいろと厳しいのでしょうけど・・・


でも、いつも思うのは現代劇と異なり、時代劇は実像の写真とか
映像が残ってないので、ほとんど推測ですから、作る側も大変だと
思います。美化されすぎの人々もたくさんいますから・・・


タイムマシーンがあれば・・・(ry



それにしても
なんで、年末年始は時代劇が多いのでしょうか?



2日、3日にもTBS系で、『里見八犬伝』が放映されてました。


原作は江戸時代の滝沢(曲亭)馬琴


執筆に数十年かかったそうです・・・
晩年は失明し、息子のお嫁さんに代筆させていたそうです。
しかも、そのお嫁さんが文字が書けなかったので、漢字を
教えながら完成させたそうです・・・

すごい人ですね・・・


内容は架空の話ですが、結構史実とも関わっていました。

アニメの・・・
○ラゴンボール
○ムライトルーパー(古いですがw)


って、、、里見八犬伝と似ているような・・・w

複数の玉を探すところがねw
スポンサーサイト

<< エサ | ホーム | 雪との格闘 第弐陣 >>


コメント

風林火山

見ました~
ドラマとか映画では皆かっこよく馬を乗りこなしてるけれども、昔の人は小柄だったから、馬もそれなりにポニーみたいなかわいいサイズのに乗ってたのかな~ と想像しながら見てました(^o^;

>はるか氏
素晴らしい!そのような視点で歴史モノ見るといろいろ楽しいですよ~
それを極めると歴史学者になれます!

何事も疑問を意識することって新しい発見につながりますよね!特に理系の人たちは!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。