プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス

先日、大学の吹奏楽団のコンサートに初めて見に行った(笑)

毎年参加していた演奏会をお客さんとして見たのは感慨深いものでした。
計画、練習、運営と裏側もいろいろ知っているわけで、顔見知りの後輩達もたくさん在籍していたから、とても楽しめてニヤニヤしながら見聴きしてました。

普通のお客さんにとっては演奏会で初めて聴く曲、そしてその日の演奏が、その団体の音でもあると思う。
奏者側であると何度も聴いて練習しているから、演奏の出来にどうしてもこだわるのは仕方がないし、当たり前だ。

でも普通のお客さんはそんなことはわからない。
その日、見て聴いたものが全て。
評価されるコンテストとかコンクールは別だが、演奏会はやはり視覚的なものも奏でられる音ともに大きな印象を与える。

以前、中学生のマーチングを手伝いをしながら見ていた。
完全コスプレ、演奏には使わないディティールの部分も、道具類も全て統一されていた。
その上での動きのある演奏。
見てて圧巻だった、迫力があったし、演奏を聴いてて曲のテーマが頭に浮かんだ。
終わった時、会場からは惜しみない拍手。
『もう一度聴きたい』と直感で思えた演奏だった。
音程がどうとかリズムがどうとかそんな細かい話ではなく、演奏中の彼らの雰囲気に取り込まれた感じであった…。
大学のみんなの演奏を聴いててこんなこと思い出した。

これからも、印象に残るような演奏みんなで続けて欲しい。
奏者個人で印象に残る曲は嫌でもできるし!ミスって!(笑)
なかなか団員全員が共感できる演奏って難しいですよね。

話は変わるが…
大人数で一つものを作り上げると言うのは楽しい。渦中のときは大変だが、終わってもの足りなさを感じるぐらいがちょうどいい。悔いではなく、『またやりたいな』と思ったら成功ではないか。

大人数で何か物事をこなすと言うことは人間必ずするべきだ。
自分の狭さと、周りの素晴らしさが見えてくる。それがわかると謙虚にもなるし、優しくもなれる。また、新たな発見にもなる。
そう意味で大人数で演奏する吹奏楽はいい勉強と体験になる。

なんか話が反れたが…参加された四年次以上の皆さん、お疲れ様でした。
在校生の皆さん、日々の活動を頑張って下さい、私みたいに皆さんの演奏を楽しみにしている人間がいることを忘れないで下さいね!
お手伝い皆さんもお疲れ様でした。

最後に、皆さんの演奏を聴いていて、私も皆さんのような素晴らしい人達と混ざって演奏していたことを誇りに思えました。(マジで)

関係各位
お疲れ様でした。

そして
やっぱり女子大生はかわいい(意味不明)
以上
スポンサーサイト

<< ヤマカン① | ホーム | 一期一会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。