プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如何様

久しぶりに国営放送でやってる歌謡ショーを見た。

バイトしてた頃は毎週バイト先で常連客と文句言いながら見てました。

吹奏楽団でよくやる懐メロの原曲を歌手が歌う。
曲の雰囲気を覚えるにはいい番組だった。演出的にも参考になり、プロの機材は揃えることは出来ないが、やりとりを盗める事はあった。

私はsaxだからバックの演奏が気になってました。
クラシックでもないポップスとも違う、ジャズでもない、コテコテの演歌saxと言うかムードsaxとも言うべきか…

エグいぐらいのいやらしい吹き方が大好きです。
saxはよく『エロい』と言われますが真骨頂が演歌sax…だと私個人が思う由縁。
気持ち悪いぐらいのしつこさがある癖のある演奏。
嫌いな人は嫌いな演奏スタイルでしょうね。
高尚なクラシックの上品さもいいが、俗っぽい身近な泥臭さがある方が大衆ウケはいい気がします。偏見かもしれないのであくまでも個人的な意見ですが。

クラシックは未だに敷居が高い、イメージがある。

普通の爺さん婆さんが喜ぶのは、むしろ演歌とか懐メロ。自分らが若い頃に聞き慣れた曲は時代を経ても好きなのでしょう。
聴衆ありきの音楽ならば聴衆のニーズに応えるのも奏者の義務かもしれない。
聴衆の年齢相応の演奏曲目はやはり大事ですよね。

また話が反れた…

大学時代、指揮者を無視して勝手に装飾音符つけたり、ポルタメントしたり、リズムをワザとずらしてゴメンナサイ。

確信犯です。

逃げ逃げ

以上
スポンサーサイト

<< 一期一会 | ホーム | けわい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。