プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教訓

ちょっと前の話題になるが、米国の下院で『従軍慰安婦問題は日本に責任』と決議を出したようです。


以前の教科書には従軍慰安婦の記述はあったが最近はあまり掲載していない。

ハッキリ言いますが『従軍慰安婦』と言う立場は兵隊たちと性行為をする女性たちを指します。

何故このような人々が存在していたのか。
大きな理由として挙げれば、兵隊の一般市民の女性に対する性的な暴行を防ぐために設けられた。
残念ながら日本を問わず多くの国家の軍隊が戦争になり、相手の領土を奪うと、もともと住んでいた人間を虐げることが非常に多い。
殺人、強盗、放火、破壊、婦女暴行…
言葉が悪いですが、要するに、婦女暴行を予防するために女性を兵隊にあてがう意味になります。

慰安婦として派遣された女性は中国、朝鮮半島の他、日本国内からも集まっていた。
実際、外地(国外)でお金を稼ぐために自ら慰安婦になった日本女性もいた。
内地(国内)に比べると軍人が多いところはそれだけ稼ぐ場所が多かったからです。
無理やり強制的に慰安婦として連行された女性もいた。
問題になっているのは、自ら慰安婦になったのか、それとも強制か、また軍の命令か業者が介在したのか…など明確な基準がなく記録も散逸している点です。
慰安婦に関しては非常にデリケートな話題で詳細は隠されることが多い。故に、事実と虚実が混ざっている。
軍の記録には軍人の階級によって女性と性行為をする時間や料金まで決められていたことを示す資料もある。
多くの当時を描いた出版物にも慰安婦もしくは同等の立場の女性の記述はある。
決して日本政府として『慰安婦は存在しなかった』と言い逃れはできない。
償うべき点は多くある。
しかし被害者の声を全て認めると、明確な基準がないために賠償の対象が不明瞭と言う点は否めない。

個人的に感じることは戦勝国であるアメリカが日本の従軍慰安婦問題に口を挟むことは危険であると思う。
現代においても戦争に勝った国が言うことがまるで正義であるような風潮が世界各国にある。
イラクにおけるアメリカ主導の戦争が正しかったなど、現時点で判断できる人間はいないだろう。
争いは人を狂気にさせる、モラルもマナーも無くなる。それが一番恐ろしい。
某国のように『我々は被害者なんだ』と言う点にのみ焦点をあてる教育もおかしい。
恨みを伝えるのではなく、事実を隠さず起きたことを認め、その教訓を後世に伝えることこそ、大事である。
日本政府が明確な意思を持っていないがために、アメリカの下院に口を挟まれる結果となる。

敗戦国の自意識に悩まされ、戦勝国の手のひらに転がされるような脆弱な国家では決して日本は良い方向には進まないと思う。

従軍慰安婦、南京大虐殺、靖国問題、残留孤児問題…ほか全て大東亜戦争が起因しているもの。
未だに根深い禍根を残している現状。
しかも歴史問題から現今の外交問題に変容している。
同じ敗戦国のドイツはナチスのユダヤ人迫害など抱えている問題があるが、日本ほど各国に振りまわされているようには見受けられない。
大陸と島国で民族意識や国の捉え方が違うことも影響しているのだろう。
日本は戦いに負けて沢山の物を失ったぶん、教訓を生かして平和主義を組み入れて平和な国を目指してきた。
戦争に負けたことに卑屈になり、軍備を拡張しあちこち紛争を起こしている他国の顔色を伺う必要は全くない。
むしろ誇るべきだ。防衛する力はあるが侵略する力は持たないと。
だからこそ、事実は認め、間違いを正す見識ある国民、国家になるべきです。
8月になると戦争を取り上げる話題が多いが常に平和とか国家について考えるべきである。
平和ボケしている国になってはいけない。
注)従軍慰安婦は著しく女性の尊厳を傷つけるものですが、今回は敢えて取り上げました。
スポンサーサイト

<< OM | ホーム | 専用車両 >>


コメント

大陸人間は、がめついから嫌いよ。

歴史教育は、お互いの国で協力して発展的な研究をしつつ…なんてことをよく聞くが、結局どちらの国も自国の研究を信頼しており、譲る気配はない。

この差は埋まることはないだろうが、少なくとも、歴史に携わる人間としては、まともな歴史観を持っていたいものですね。

ただ…。

嫌いなもんは嫌いさ。

〉肉太郎氏
あなたらしい言い方ね。
民族に植え付けられてきた思想なんて数十年で変わるものではないが…。

そこでやはり教育が重要なんですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。