プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人権

先日、愛知で元暴力団員が自宅に立て籠もって発砲する事件がありました…

男は取り押さえられたものの、警察のSAT隊員が撃たれ亡くなりました。

個人的に思うことは、人質が解放(脱出した)された段階で、警官隊に発砲を許可して容疑者に痛手を負わせてから取り押さえるぐらいの強行策を採っても良かったのではないでしょうか?
相手が武装して発砲し、怪我人が出ているのに、なぜ容疑者に遠慮する必要があるのかがわからない。
もちろん、犯人の射撃圏内で怪我をしている警官の安全を守るために、犯人を刺激せず積極的な行動を控えていた状況は素人でもわかります。
と言えども、行動が鈍いのではないか?負傷した警官を救うタイミング、救出時の退避の手際が悪い。
その結果が、後方支援の警官が撃たれ殉職。
なぜ相手の銃の射程圏内に多くの人間を配置したのか?
また盾を装備した重厚な人員を全面に押し出し壁を作らなかったのか?
これは行動した警官は悪くない。
原因は現場を指揮した人間があまりにも稚拙な指揮を執ったからではないか。
どう考えても決断力と状況把握が欠如している。
私は警察のことはわかりません。
しかし納得がいかない。
後日わかったことはあの現場にはあちこちから派遣された部隊がいたと言うこと。
各部隊、独立した行動なら訓練で鍛えたことが実践できたのかもしれません。
現実は状況も複雑で易々と行動できなかったのでしょう。
やはり各部隊の連携が重要であることは明白。まさに今回それが機能しなかったのでしょう。
ゆえに、厳しいようだが、全体を指揮した人間の責任である。

しかし
有能な警官が一人の粗暴で身勝手な男のせいで亡くなったことは、本当に悔しい。許せない。
はっきり言えば海外の警察なら犯人は死んでいたと思う。

話は変わりますが
人権を尊重することはとても大事。
しかし、刑事事件や交通事故など、亡くなった人間は帰ってこないのに、犯罪を犯した人間が散々言い訳をして、裁判をして自己擁護している。
加害者の『人権』ってよく言いますが、手厚く保護するほどの人間なのだろうか?保護した結果、再犯する人間にも『人権』なのか?
時代劇ではありませんが、「勧善懲悪」はやはり必要ではないか?
人権を擁護して「襟を正す」ならわかりますが、「あわよくば…」と言う人間もいるのが現実。
世の中、犯罪人を擁護する前に人権を優先して尊重しなくてはいけない立場の人がたくさんいるはず。
刑務所民営化してコスト削減、雇用促進するのもいいが、ピカピカの小綺麗な刑務所と言うのは如何なものか?
何か、本末転倒じゃないか。
刑務所新築の前に壊れた学校やら病院やら直すほうが先ではないか?

理解できない。

まぁ『綺麗ごと言うな』と言われるでしょうね。
しかし、綺麗ごとすら、わからなくなるほうがよほど恐ろしいと私は思います。
スポンサーサイト

<< 女教師 | ホーム | 意思疎通 >>


コメント

指揮官の動きの遅さ、各方面でも指摘されているようですね。
県警に入って2年目になる研究室の後輩もいるので、今回の事件は単なる他人事という感じではありませんでした。
『人命優先』の意味を履き違えてもらっては困りますよね。

まぁ、『人権』に対してもそうですが、命の重さ(価値)に差なんかないっていう人もいますが、実際相対的に見たら差はあると思うわけで。
とはいえ、犯人やら加害者が死ねば解決、というわけでもないのもありますが。。

結局、物事の本質を見失ってる気がしてならない、今の日本社会。。

〉るぅきぃ氏
私自身、考えが稚拙で他人様をとやかく言える立場ではないですが、善悪の区別はつけたいものです。

ま、身内の警察官の言葉を借りるとですねぇ…「物事には順序がある。緊急時も例外ではなく、直属の上司は更に上の判断を待たねばならない。命令を無視した場合、成功なら訓戒、失敗なら辞職。最上層部から現場まで伝わるまでに、いくつもの承認を取らねばならない。この旧態依然が今回の不手際に繋がった。」だそうです。

これじゃ誰だって迅速な行動は出来ませんがな。みんな我が身がかわいいのです。しかし、そんな理由でヒトが死ぬことを正しいとは言えません。早期の体質改善を希望する次第…。

〉ダニエル氏
リアルなお話ですね…某警察映画を想起します。
どんな組織でも上意下達と言うのは、ある意味あたり前なのでしょうが、おっしゃるとおり人の生死に直結することは、扱い方を考えないと…
それでも以前よりは徐々に緩和されているのでしょうが、旧態依然であることは否めませんよね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。