プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハバネロ

フィギュアスケートのシーズンですが、滑っている選手も注目だが流れているBGMに興味があります。

今年は私がクラシック音楽が好きになったきっかけの曲でもある
ニコライA.リムスキー=コルサコフ作曲『シェへラザード』がよく使われているみたいです。

以前も記事にしたが、初めてこの曲を聴いた時は『すごい』と素人ながら感じた次第。

背景は『千夜一夜物語』(アラビアンナイト)

妻の不貞から女性不信になった王が毎晩、若い娘と夜を過ごしては翌日殺すことを繰り返す…
王に嫁いだ大臣の娘のシェヘラザードは暴君を諫めるために毎晩毎晩、色々な話をおとぎ話として王に聞かせる。
その話を聞いた王は徐々にシェヘラザードの話に魅了されて人を殺めることはなくなった…。

シェヘラザードは毎晩、命懸けだったわけですが…話の佳境になると『続きはまた明日ね☆』と王をじらす…それが千夜続いたようですね。

ちなみに楽曲は
Ⅰ『海とシンドバッドの船』
Ⅱ『カランダール王子の物語』
Ⅲ『若い王子と王女』
Ⅳ『バグダッドの祭り、海、船は青銅の騎士のある岩で難破、終曲』

代表的にメインで演奏されるのはⅣでしょうか…

副題を聞いただけで興味がわく…
特に私はⅢが好きです。雰囲気が平和です。妄想しやすい曲(笑)
ストーリー性が感じられる曲で親しみやすい。
部分的に悲しげな曲調はシェヘラザードの苦労なのでしょうか…

Ⅳは重厚感があり『ロシア~』って感じですし終曲だけに総まとめ。激しい曲なんで演奏したら疲れること間違いなし。
『千夜一夜物語』原作を読みたいのですが、なかなか踏み切れない…
いずれにしても原作を読んでまた曲の感じ方がかわるでしょうね。

いい曲です。
スポンサーサイト

ふと
『テネシーワルツ』をダウンロードした
名前はわからなくても誰でも一度は聴いたことがある曲だと思う。

前から知っていた曲だが、好きになったのは大学時代に何気なく見たNHKの単発ドラマのBGMがきっかけ

ドラマ内容は確か…舞台は仙台
主人公は男の子
同級生の女子高生が妊娠、出産する…
彼女はシングルマザーとしての生き方を選び、幼子を連れて上京する。

仙台の男子進学校に通っていた普通の高校生の主人公は学校を辞めて彼女と駆け落ちする。

若い彼らに待ち受けているのは厳しい現実。住み込みの電気工として必死に働く主人公。幼子を連れて大都会で途方に暮れる彼女。ひたすら厳しい生活が続く。
主人公は幼子を連れた女の子を養うこともできず挫折を繰り返す。

しかし単なる幼なじみとして見ていた彼女も主人公の姿に徐々に心を開く。

主人公は彼女に思いも伝えられないまま、自分の子供でもない幼子を守るために必死に働く。
ようやく仕事も落ち着き、彼女とも打ち解けて幸せになりかけたころ、彼女が仙台へ帰郷することになる。

彼女は仙台へ。しかし主人公は東京に残り違う生き方を選ぶ…(内容はうる覚え)

彼女と別れるシーンに流れたのが『テネシーワルツ』だった。
ドラマと言えども、主人公の生い立ちがまさに私と同じだったため見入った記憶がある。

そんなこんなで…
流れていたテネシーワルツが自然と耳に入ったわけです。

日本ではだいぶ昔に流行っていたんだが…いい曲です。

演技と演義

三国志、赤壁の戦いをモチーフとした映画『レッドクリフ』を観て来ました。
アクションがすごいですね。CGもあるでしょうが、よく動くものだと。


歴史映画を見るとどうもなぁ・・・
脚色されている部分が目に付く

まず、『正史』ではなく『三国志演義』を基にしている描写のようですね

呉の配下武将 「甘興」・・・ってだれだよ(笑)
おそらく甘寧(興覇)のことなんだろう・・・

ちなみに、劉備配下の武将が強すぎです(笑)


でも
映画では脚色しないと話が面白みに欠けるし、時間の制限もあるだろし。
結構、戦闘シーンが多い。よって血生臭い部分も多いため、苦手な人もいるかもしれない。


Part2が2009年 4月公開とか・・・

Part1は赤壁の戦いに至る、前哨戦まで描いている。
三国志を知っている人だと「あれー?」って思うことは多いと思うが、アクション映画好きな人はいいかもしれません。


曹操はますます悪者イメージ定着するな。

三国志はストーリーが長い。人物の相関を理解していると楽しめます。
日本人には圧倒的に『三国志演義』が人気ありますけどね。


後半も見ないとなぁ 中途半端すぎる。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。