プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一会

またもや連投

謎の日常シリーズ

他都市の動向は調べてないが、最近私の地域の私立高校は、朝夕の送迎バスが走っているみたいだ。
安全で便利だしうらやましい。

だが、毎日同じメンツしか乗り合わせないバスもつまらないとも感じる。
高校所有の大型バスだから他校生徒や関係者外は乗り合わせないわけですね。

私は高校時代はチャリ通で1日の中で会話する女性は姉と母と言う、刑務所暮らしの小汚い男子校でしたから、電車通学やバス通学の友達がうらやましくも思えた。色々、出会いやら事件があるわけで。

故に、高校所有のバス通学も範囲が狭くてつまらないものに見えてしまう。
最近は物騒な事件が多いから何かと高校生も行動しにくい部分もあって大変だと思う。
安全を前面に出さないと生徒を確保できない私立校の苦しみもわかる。

生意気は言えないが、怖い思いをすると人間は会得して学習するので二度同じ轍を踏まないように意識して行動する。

初めから囲いを設けるのは、その時は安全だが、囲いが外された時がむしろ怖い。
そこのバランスが取れないと後顧の憂いになり得る。
高校生に限ると本人たちより周囲の大人の問題にもなり得るわけで…複雑になるが。

便利過ぎるのもかえって災いに転じると言うことかもしれない。

まぁ通学途中にカワイコちゃんでもいれば早起きでもして時間合わせただろうな(笑)
単純ね。

以上
スポンサーサイト

如何様

久しぶりに国営放送でやってる歌謡ショーを見た。

バイトしてた頃は毎週バイト先で常連客と文句言いながら見てました。

吹奏楽団でよくやる懐メロの原曲を歌手が歌う。
曲の雰囲気を覚えるにはいい番組だった。演出的にも参考になり、プロの機材は揃えることは出来ないが、やりとりを盗める事はあった。

私はsaxだからバックの演奏が気になってました。
クラシックでもないポップスとも違う、ジャズでもない、コテコテの演歌saxと言うかムードsaxとも言うべきか…

エグいぐらいのいやらしい吹き方が大好きです。
saxはよく『エロい』と言われますが真骨頂が演歌sax…だと私個人が思う由縁。
気持ち悪いぐらいのしつこさがある癖のある演奏。
嫌いな人は嫌いな演奏スタイルでしょうね。
高尚なクラシックの上品さもいいが、俗っぽい身近な泥臭さがある方が大衆ウケはいい気がします。偏見かもしれないのであくまでも個人的な意見ですが。

クラシックは未だに敷居が高い、イメージがある。

普通の爺さん婆さんが喜ぶのは、むしろ演歌とか懐メロ。自分らが若い頃に聞き慣れた曲は時代を経ても好きなのでしょう。
聴衆ありきの音楽ならば聴衆のニーズに応えるのも奏者の義務かもしれない。
聴衆の年齢相応の演奏曲目はやはり大事ですよね。

また話が反れた…

大学時代、指揮者を無視して勝手に装飾音符つけたり、ポルタメントしたり、リズムをワザとずらしてゴメンナサイ。

確信犯です。

逃げ逃げ

以上

けわい

珍しく連投

帰ってきた日常シリーズ(意味不明)

先日電車に乗っていました。
駅で電車が停車し呼吸も絶え絶えの駆け込み乗車の若い女性が私の対面に座りました。
土曜日の朝なので立っている人間こそ普段より少ないが座席は満席。
その女性は座るないなや大きさカバンを開けてガチャガチャといろいろ取り始めた。
化粧道具である。
どうやらすっぴんで乗車したらしい。
大きな鏡を広げ、公開、地肌の基礎工事からの生メイク中継が始まった…

ふと感じた
『なんで皆に自分の変容ぶりを他人に見せる必要があるのか』

化粧をすることはいいが、自分の顔が変わっていく様を周囲の人間に見られるのはどうなのか?
素より良く見せるために化粧をする女性が普通に考えて多いはず。化粧が大人の女性の一つのマナーと言う視点も理解できる。
しかし、化粧を直す程度はいいが、基礎工事から化粧道具を並べて車内での突貫工事は如何なものか?

始終不思議な感じがしたし、本末転倒と思うのは私だけかな。

もともと化粧は表情からの印象を変えるためや顔色の悪さを隠したりする目的もあったと何かで読んだが…。

彼女の工程を見てこんなことを感じざるを得なかった。

先人は公衆の面前で己の化粧の作業を見せることは忌み嫌っていたが、やはり時代なのか…

時間がなかったことと関係者が乗り合わせていない為に、割り切った行動とも推測できる。

しかし見ていて良い気分はしない。凝視してはいませんが…
before&afterだな

以上

言霊

最近痛感する話

それは『言葉』です。動物の中でも人間は言葉が発達しているわけですが…

仕事でも何でもそうだが対人であれば言葉のやりとりは非常多いはず。

言葉は自分を守る防具にも相手を傷つける武器ともなる。加えて自分を魅せることにもつながる。

表現力と語彙力がある人は非常に魅力的だ。
特に人をまとめる必要がある人間は必須だ。
この二つを使い分けて駆使できる人間は話す相手にも自分の思いや目的を伝えることが上手で相手の理解も早い。
言葉ニュアンスを変えただけで相手の感情をも容易にコントロールすることが可能だ。
私は日本語だけしか話せないが、微妙なニュアンスが多い日本語はなおさらではないだろうか。

まだまだ私も表現力と語彙力が不足しているため、修練を要する。
言葉の意味を理解し正しい日本語を使いたい。
会得できたら今より少しはまともな人間になれる気がしてならない。

言葉は使わないと覚えない、忘れてゆく。
日々気をつけていきたい所存。

国語は大事ですね。
以上

天命

今日は勤務している会社の新規オープン日でした

業務終了後は皆で新規立ち上げパーティーのはずが…

私が対応したお客が筋金入りのヤバい相手で対応が終わったのが対応開始後5時間が経過。
怒鳴る、難癖はつける、こちらの発言の揚げ足はとるはかなり面倒くさい相手。
結果、皆さんが階下でパーティーしている中、私は参加出来ずに一人クレーム対応。

世の中には訳わからん人間がいることを痛感。

対応後、上司含めて、皆さんが気をかけてくれてパーティーで出された食材などを私のために取り寄せてくれており、その気遣いがとてもありがたく、嬉しかったです。
『お疲れ様』と拍手まで頂いた次第
本当に仲間の優しさも痛感した日です。
オープン初っぱなからこんな対応があった私はある意味伝説になりそうな感じですね…。

あまり仕事のことは他言無用で語りませんが今回はちょっとだけ書いてみました。
まぁ私がオープン初日にヤバい相手を対応したことも天命なのでしょう。
そう割り切らないとやってられないのも事実。

理不尽なことも色々ありますが仕方ない。

頑張ります!
愚痴ぽくて申し訳ありません…

以上

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。