プロフィール

イーハン

Author:イーハン
満身創痍
因果応報
餃子定食
臥薪嘗胆
泰然自若
温故知新
滅私奉公
七転八倒
納豆定食
四面楚歌
五里霧中
暗中模索
千載一遇
内憂外患
心機一転
疑心暗鬼
一顧傾城
一喜一憂
栄枯盛衰
我田引水

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

チラ見総数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトプット

一年半の長期にわたる沈黙を破り、またblogを再興するか?!

悩み中。。。。

見ている人はいるのかしら。
スポンサーサイト

呟き。

完全に放置しておりました。
もはや、過去の遺物と化している当ブログ。


閲覧者もいるまい。


閉鎖しようかな。

北の国から’10秋 即位

また、長いことBlog放置していました・・・。

最近、尖閣の問題もあり東アジア情勢が不穏だ。先日、北が南を砲撃した。
個人的に感じることは、停戦状態とは言え、あのような最前線に住民がいること自体、不思議ですが。

と言うことで、関連して大砲のお話。
当初は北が170㍉野砲で砲撃したとされていたが、実際は多連装ロケットによる砲撃。

野砲とは俗に言う「大砲」で簡単に言うと口径が大きいほど威力も大きい。
カノン砲や榴弾砲、臼砲など種類も多い。また、発射する砲弾の種類も様々で相手側に与える効果も異なる。

野砲は「点」を攻撃する上では、一発の威力は大きいが、炸裂する範囲が狭い。
一方、多連装ロケット砲は「面」を攻撃する。一発ではなく一斉に多数のロケット弾を発射し、その炸裂範囲は広い。ゆえに、相手が広く分布しているときはロケット砲が有効で、重厚なトーチカ(要塞のようなもの)を集中的に破壊する場合、野砲が効果的である。

野砲は14世紀から登場し、ロケット砲は第二次世界大戦から登場しており、有名なのはソ連の通称「カチューシャ」(スターリンのオルガン)ドイツのネーベルヴェルファー、日本でも大東亜戦争末期で「噴進砲」で運用されている。

実際のところ、大砲を命中させるためには、射撃する角度や弾道と弾着点を緻密に計算する必要がある。また、風速・風向や温度・湿度も影響するため射撃の前には気象観測もする。
現代は人口衛星からの情報や電子機器である程度、計算しているであろうが、以前は観測用の気球や飛行機を飛ばして、逐次測定しながら砲撃していた。ゆえに古来より大砲を扱う砲兵は理数系の知識が重要とされた。

砲兵は必ず「観測」「射撃」「移動」のサイクルで行動する。「移動」は、大砲を射撃すると噴煙が上がり、相手側から発射地点が明らかになる。したがって、相手側に砲兵がいた場合、発射地点を狙ってお返しがくる。そのお返しから逃れるために、射撃後は速やかな移動が大事になる。なお、時代を経て車両が発達すると自走砲(戦車の車体に野砲を据える)が登場し、移動がしやすくなっている。

現代は野砲よりも射程が長い、ミサイルが主流ではあるが、高価でもあり、まだ自衛隊でも野砲は利用をされている。


危険な家族がいる限り、かの国は不穏である。また朝鮮戦争は終戦しておらず、停戦状態である。
「対岸の火事」と、もはや言えず現実相手は長距離・短距離のミサイルを所持している以上、半島で有事が起きた場合日本も巻き込まれる可能性は大きい。
日米でミサイル防衛に関しては、迎撃システムを構築しているとはいえ、もし、着弾することになったら、一般市民はどうすればいいのか。避難と言ってもどこに逃げればいいのかすらわからない。日本には防空壕はない、地下が発達している都市は限定されている、とるべき最初の行動がわからないことは不安である。狭い空間に人口が集中している日本は、都市が攻撃された場合、全てが機能しなくなる懸念もある。大規模な天災に備えて首都機能移転など、話が出たが結局どうなったのだろうか。

1950年の朝鮮戦争の戦争景気で、日本は高度経済成長の契機になった事実はあるが、60年を経て他人事ではなくなっていることもまた事実。尖閣諸島、北方領土を含めて、外交と防衛は特に大事な局面を迎えている。こんな時に政治はグダグダで、日本国は大丈夫なのか・・・。


とりあえず、半島が落ち着いてほしい。

しなちく

ここ最近、大陸がまたいろいろと騒いでいる。
相変わらず、彼らは「俺たちが世界の中心主義」を貫き「お前のものは俺のもの」ジャイアン国家。

今回の件で日本政府は結局、折れた。これからも同じように相手の意中のままに舵とりをするのだろうか。
タカ派のM原外相には期待していたが、日本は治外法権が未だにあるのか。

日本人が大陸に圧力をかけられる原因は過去の戦争に尽きる。

内容はともかく大陸の教育は重点的に近代史を扱う(自国に都合の悪い内訌の歴史は封殺するが)一方、日本の教育は腫れ物に触れるように近現代史を大きく扱わない。

国家単位で相手は勉強しているが、こちらは避けている。外交にしろ、個人の言論にしろ、押されるに決まっている。

自虐史観の是非とか、そんなことではない。知らなければ対応できない。言われるがまま。大陸と相応に対処するため、また、平和を享受し、戦後を生きる日本人として

「なぜ戦争が起きたのか?」
「どのような経過があったのか?」
「結果、どうなったのか?」

この疑問に答えることができなければ、必ず同じことを繰り返す。詳らかな知識は不要だが、大まかな経緯と背景だけでも知る必要がある。

以下、今の自分が知りうる範囲で大東亜戦争に至った背景を記述する。

続きを読む »

自沈

もはや月刊の拙稿も滞り始めた。
もはや当ブログの存在意義も薄まりつつある。

2005年12月からダラダラつまらんことしか書いてないのだが。
ブログの削除も思案中です。


どうしようかな・・・



明日は遠い

むむむ

拙ブログ、全然更新していませんでした・・・
ここ数ヶ月でいろいろございまして・・・
月刊から季刊になるかも(笑)


仙台はいま、七夕です。
一度見るとあまりリピータが来ません。
動きがない祭は二回見てもねぇ。


以前、七夕に火をつけた大バカ野郎がいたな・・・
天罰が下るといい。

しかし、短冊は煩悩の陳列場ですね。
八百万の神々もさぞかし、辟易していることであろう。

でも、浴衣姿の女性は好きです。


今夏は郷土史との戦いになりそうです。
詳細はいずれ・・・また。


最近、SNSのmixiを始めてみました。
圧政会関係者では、やっている人いるのかしら。


ふぃー

ベオグラード

今回は動画を掲載。
以下に貼った動画は私が好きな一曲です。

「Lili Marleen」

ご年配の方の多くはご存知でしょう。

簡単に説明すると、この曲は第二次世界大戦時に欧州で流行したドイツ語の曲ですが、
いわゆる、戦意高揚などが目的の「軍歌」とは異なる。

歌手はララ・アンデルセン。
後にカバーした、ハリウッド女優のマレーネ・ディートリッヒが特に有名であり、
日本では加藤登紀子、梓みちよ、両氏が有名で異なる歌詞でそれぞれ戦後カバーしている。

戦時中、この曲が遠く欧州のラジオ局から流れる時間帯は、
枢軸国(独伊)も連合国も戦闘を停止したとの逸話がある。

歌詞はいろいろなversionがあり、要は出征する兵士の悲哀を描き、
女性歌手だが、男性視点で歌われており、一部抜粋すると以下の内容になる。

『自分は出征するが、また帰還したら兵舎の外にある、
いつもの街灯の下で、君(恋人)とまた再会したい』

また、意訳された日本語版の歌詞を要約すると以下の内容。

『賑やかだった酒場も、月日が過ぎるとなじみの客(兵士)が出征してしまい、
閑散となった、その兵士達は還らず、(戦死して)今は戦場に眠っている』(加藤版)


個人的な憶測ではあるが、現代とは異なりインターネットや携帯端末などがない時代において、
ラジオから流れる音楽が唯一、故郷から遠く離れた、昼は暑く、夜は寒い砂漠地帯(北アフリカ等)で、国の家族や恋人を想い、懐かしむことができた共有の時間であり、故に、常に敵対している互いの兵士が戦闘を止めてまでも、流れてくる音楽に耳を傾けていたのかもしれない。


恋愛を扱った歌は多いけれども、このような明日をも知れぬ命の駆け引きの最中に、
戦う双方で聴かれていた事実にとてもリアリティを感じる。


今回はマレーネ・ディートリッヒ版の動画を貼り付けます。
(同曲でもテンポや言語でだいぶ違います。)




この曲のもう一つの側面として、第二次世界大戦のため、
オリジナル歌手のララ・アンデルセン、カバーしたマレーネ・ディートリッヒ、
彼女ら自身も、波乱に満ちた人生を送っている。


歌い手にも聴衆にも過酷な時代。
しかし、太古の昔ではなく約70年前の出来事。



侍る

新緑の春と言うことで、
いろいろとテンプレートを変更しました。




なお、お侍様には触れてはいけません。注意してください。

すごく怒られますよ・・・。



部屋とTシャツとY社

ご無沙汰している月刊Blog・・・


先ほど、ブラウジングしていた際に以前から興味があった
『歴史能力検定』の例題を解いてみた。

歴史能力検定協会

2級日本史に挑戦してみた。(世界史もあります)
(高校で歴史は得意科目であり、教科書の内容だけでは少し物足りなく感じている。
または、歴史にはかなり詳しい方だと思う人向け)

10問の例題・・・正解は7問(苦笑)
リカバリ)今年のセンター日本史Bは86点だったのに・・・

鎌倉幕府滅亡時の年号・・・難しく考えたらミスった

「建武」かと思ってましたが「元弘」でした。
もうね、年号コロコロ変えすぎなんだよ!

==========================

以上、2級は大学入試レベルで対応可能と判断。
Y社のバイブルを熟読すれば、やっつけられる内容かと思われる。

1級はマニアック度が高い感じですが、難関私大入試問題と似ている雰囲気があります。
Y社バイブル+図説+資料集+(動物的な勘)で対応です。

但し、入学試験とは異なるので、本試験では時事ネタなどもおそらく盛り込まれるのでしょうね。
1級は論述問題もあるので即死できます。


これはDSのソフトでも買うかなぁ~


ゲーム端末で学べるとはいいね!最近の高校生は!
なお、この検定で取得した級は一部高校の単位としても認可されているようです。



歴史の次は地理とのことで・・・

この後、旅行地理検定にも挑戦。
※地理能力検定試験(財団法人 日本余暇文化振興会)とは異なります。


こちらは・・・

『国内旅行地理』と『海外旅行地理』と二つコースがあります。
種別は4級から1級まで。


国内旅行地理の例題があったので解答したところ、5~6割でした。
昔憶えた記憶から解答しましたがマグレですね。

最寄の駅とか温泉地の名称とか、他地方になるとやはりわからないですね・・・
東北地方はOKでしたが(笑)


旅行地理だけあって実際に多く観光している人は強いでしょうね。
実際足運んで、現場行けば嫌でも忘れないでしょう。
まぁ忘れたいことはあるかもしれんが(笑)


加えて海外旅行地理の例題もやりましたが、マグレ含めて正答率4~6割ですね。

もう観光コースの穴埋め問題とかって・・・
完全に現地の地理を背景に観光地や景勝地の場所を踏まえてないと、解答できません!

普通、穴埋め問題は前後からヒント得て回答するが、その前後がわからない・・・無条件降伏。

この検定は現職ツアコンの方や、目指している方、旅行好きの方は受けてみるといいかもしれませんね。


趣味から実用までいろんな検定あるみたいですね。
以前に挫折した漢検準1級でも再開するかな・・・

檸檬

拙稿、長いこと更新していませんでした・・・

モバイルで日記書いてはいたものの、一時保存をし忘れたことが何回かあり、
全部ログが消えてやる気を削がれておりました。


さて、地元は桜が咲き始めたが、連日の天候不良のため、すでに散り気味です。


『散る桜、残る桜も散る桜』


けふは「昭和の日」

昭和の天ちゃんの誕生日です。

私は昭和は好きです。混沌とした時代・・・


前期は戦争の時代。
中期は復興の時代。
後期は隆盛の時代。

簡単に言うとアジアをまとめようとした島国日本が欧米列強に挑み、
結果多くの犠牲を出した事実が大東亜戦争。


戦には負けたが日本人の強さは敗戦後の復興であると思う。
短時間で文化的な生活を取り戻した。

これは本当にすごいことだと思う。一人が頑張ってできることではない。
力があるリーダの元、国民が挙国一致で働いた成果ではないだろうか。


先代がいなければ、今に日本はない。
現在の60代以上が強い由縁だ。みんな修羅場を生き抜いた経験を持っている。
ゆえに、現代の安穏とした時代は、彼らから見ると歯がゆいのであろう。
老いてもエネルギーを持て余している人が多いと感じる。


日本の高度経済成長に関連して、いま、お隣の大国で万博を催すようであるが、
かつての日本の大阪万博と類似しているところがある。

違うところは、お隣の国は明らかな矛盾があり、国がまとまっていない。
中原のみ統一していればよいものを・・・(三国志みたいだけどw)
辺境の自治区にまで、「みんなでがんばろう主義」を強いているため、
軋轢が生じている。

統一は無理だと思う。
広大な国土と、加えて複数の民族が入り混じっている時点で。


「みんなでがんばろう主義」はスローガンとしてはいいものの、
このご時世、情報が交錯している中での維持は無理であり、
ここにきて端々にそのツケが生じている。


素直に全世界に向けて謝ればいい。
「もう無理です。」「助けてください。」と。

プライドが高く、海沿いだけは格好つけているようだが、
内陸と沿岸での格差はあまりにもひどく同一の国家とは思えない。
その癖、他国の介入と時代錯誤の情報統制により、国の体面ばかりに執着している。

滑稽すぎる。その体面のために何億人が迷惑を被っているのか。


現代においては、統一している政府が悪いのだ。
歴史からみても、揉めにもめている国ではあるが、現政府は一時代の成功に固執している。
周りが悪い的な発想が元凶であり、これを改めない限り、変化はないと思う。

変化があるのは政府ではなくて、国民からかもしれない、
一時期その動きがあったが、政府が力で潰した経緯もあり、
また同じことが繰り返されるのであろうか。


と以上、万博を見て感じた次第です。
列に並ばず、秘伝「横入り」を使うところが、4000年の歴史を感じますがw



話は戻りますが、昭和の日があれば、いずれ「平成の日」もできるのか。
しかし祝日法をコロコロ変えると、カレンダー業者が泣きますね・・・


昔の天ちゃんは、悪いこと起きるたびに年号を変える癖はあったが・・・
当時の役人はいい迷惑でしょうね。



しかし、字面とは異なり、「平成」には「閉塞さ」を感じるのは私だけでしょうか。












| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。